モノやサービスなどの資源を共同で利用し、人間関係を作り出し、コミュニティの運営としても働く[1]。広義には贈与や相互扶助も含まれる。ネット上での共有経済としてはFLOSS(オープンソースソフトやフリーソフト)が存在し、初期のプロジェクトとしてはGNUプロジェクトがある[2]。

共有経済は資源を有効活用するための商業サービスと結びつく場合があり、交通機関におけるカーシェアリング、労働環境におけるコワーキング、金融におけるクラウドファンディングなどの事業が行われている。

アクセンチュアによると、シェアリング・エコノミーやアイドリング・エコノミーを包含する概念として、「サーキュラー・エコノミー (Circular Economy)」がある[3]。「原材料の循環」「資源再生」「製品寿命の延長」「所有からシェアへの転換」「製品のサービス化」の方法論に整理され、それはクラウドコンピューティングやモノのインターネットによって支えられている[4]。従来のサステナビリティやリサイクルとの違いは、これ自体が経済合理性に見合っているところである[5]。

IoT元年と言われた2016年以降、Uberを筆頭として、共有経済を実現するサービスに拡大の兆しがある。

主なシェアリングの事例

  • オフィスシェアリング
  • カーシェアリング
  • スキルシェアリング
  • ファッションシェアリング
  • 自転車シェアリング
  • ルームシェアリング
  • ゲームシェアリング
  • コードシェアリング
  • ニュークリア・シェアリング
  • タイムシェアリングシステム
  • レベニュー・シェアリング
  • ワークシェアリング
  • ボランティアシェアリング